幻想ポロネーズ…Pollini

現代最高のピアニストが来日します。
Maurizio Pollini -Pollini Perspectives 2012-サントリーホール

マウリツィオ・ポリーニ 70歳(1,942年~ イタリア ミラノ)…

確か僕が中学3年生のときに、“ベートーヴェンピアノソナタ第29番《ハンマークラヴィア》”を弾くポリーニを初めて聴きました。

そのときの印象はいまでも覚えています。
一つひとつの音が明確に響き、テンポ・ルバートを多用しない楽譜に忠実なタイプの演奏家。。。

以前ブログでも述べましたが、当時はフランスのピアニスト サンソン・フランソワの個性に魅かれていたこともあって、ポリーニが第6回ショパン国際ピアノコンクール優勝者であっても、それ以降ポリーニを取り立てて聴くようなことはありませんでした。

ところが、年を経て演奏家の多様性に興味を抱くようになってからは、演奏家ありきではなく、曲と演奏家のマッチングで音楽を楽しむように僕自身も変わっていきました。

マウリツィオ・ポリーニ

僕は、46歳くらいまでのポリーニの演奏が好きです。

演奏家も年齢とともに変わっていきます。

自らの経験、知見の積み重ねにより譜面の解釈に柔軟性と厚みが増し、奏法や描写に変化が現れます。それが軽微な場合もあれば、顕著な場合もあるわけです。

鮮明で喨々(りょうりょう)たる音、テンポの変化を最小限に抑えて調和を保ったスタイル、完璧なテクニックと硬質的なキータッチ、徹底したコントロールがなされていながらも詩情豊かな表現。。。

ディスコグラフィではちょうど、“ベートーヴェン ピアノソナタ第17番「テンペスト」&第21番「ワルトシュタイン」&第25番&第26番「告別」(1.988年録音) ”あたりまででしょうか。

以降は、しだいに丸みを帯びた叙情性豊かな演奏スタイルに変容していきます。
少なくとも僕はそのように感じました。。。

そんなポリーニの演奏で、ショパンの幻想ポロネーズ(ポロネーズ第7番作品61)を聴きました。
(僕の中で幻想ポロネーズは、ピアノ独奏曲において最高傑作の位置付けにある作品なんです。)

ショパン・ポロネーズ(第1番~第7番)は、1,972年に録音された“ショパン・エチュードOp.10,Op.25”の3年後、ポリーニ33歳の1,975年に録音されました。

強靭なテクニックと正確無比な奏法に無類の完成度を誇る名盤として評価された、その“ショパン・エチュード”の数年後であり、まさに期待を裏切らない完璧ともいえる演奏です。

感性豊かなサンソン・フランソワと双璧を成すようなスタイルは、一音一音が重厚で正確であり、かつそこにポリーニの現代的解釈による詩情が刻み込まれています。

幻想ポロネーズ_Maurizio Pollini

1,986年、ポリーニ44歳のときのライブ録音のようです。
1,975年のスタジオ録音よりアップテンポですが、フィナーレは怒涛の迫力で素晴らしいです。

幻想ポロネーズから_Samson François

幻想ポロネーズから_Arthur Rubinstein

幻想ポロネーズ_Evgeny Kissin

幻想ポロネーズ_Martha Argerich

幻想ポロネーズ_François Dumont

François Dumontの演奏も素晴らしいですねぇ。
これは発見です!

幻想ポロネーズ_Yulianna Avdeeva

第16回 (2010年)ショパン国際ピアノコンクール第1位

幻想ポロネーズ_Yuja Wang

ユジャ・ワン20歳頃のリサイタル映像です。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2012年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter


ページ上部へ戻る