PFU Limited Editionの魅力…

イントロダクション

キーボードを買い換えました。
REALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」 日本語配列/アイボリー(R2TLSA-JP4-IV)です。

2018年6月にPFUダイレクトで発売された「PFU Limited Edition」シリーズですが、コロナ禍のテレワーク増加に伴って高品位なキーボードの需要が高まり、特にこの日本語配列/アイボリー(R2TLSA-JP4-IV)は今年の3月以降在庫が無くなってしばらく入手できない状況が続いていました。6月29日に再販が始まり、即日購入しました。

私は、東プレのキーボードRealforce91UDK-Gを2011年から使っています。この機種を3台所有するほどの気に入り様で、「PFU Limited Edition」が発売されなければこの先もまだ現役でいたことでしょう。

デザインと機能

16年ぶりにフルモデルチェンジされたREALFORCEキーボード。
フレームの縁がそぎ落とされて省スペース化され、エッジの効いた斬新なデザインになりました。
「PFU Limited Edition」の右上インジケータ部分のカーボン調デザインも、高級感を醸し出して粋な計らいです。

スペースキーが大きくなって使いやすさが向上し、新設されたファンクションキー(Fn)による拡張機能の搭載で、Ctrl/CapsLockキー機能入替え、キーロック有効/無効(初期設定はWINキーと全角/半角キーのロック)、音量調整、APC(APC搭載機のON位置調整)などの設定がキー操作で行えます。これは便利!

例えばPCゲームをプレイするときに、CapsLockキーとCtrlキーを入れ替えて左手の機動性を上げたり、WINキーと全角/半角キーをロックして、誤打によるゲーム中断を未然に防いでいる方が多いようです。
ちなみに私は、レジストリを編集するフリーソフトを使って、キーの入れ替えやロックを行っていました。

アイボリーを基調に淡いグレーキーの部分的な配色は、シックで落ち着いた雰囲気があります。キートップの印字は、黒色のRealforce91UDK-Gに比べると格段に見やすくなりました。

キータッチは、REALFORCE特有のソフトタクタイルなフィーリングが健在で、静音仕様だけあって打鍵音も静かです。押下げ荷重45gはRealforce91UDK-Gと同じですが、心なしかキータッチがより柔らかくなったように感じるのは気のせいでしょうか。

ところで、すべてのキーの押下げ荷重が45gでアイボリー色の機種は、「PFU Limited Edition」にしか設定されていません。ブラック色なら「PFU Limited Edition」以外に3機種販売されていますが、45gのアイボリー色が気に入ったのでしたら、選択肢は「PFU Limited Edition」の日本語版か英語版のみということになります(2021.7.23現在)。

また、機能の組み合わせでみると、静音とAPC(アクチュエーションポイントチェンジャー)がセットされている機種は、押下げ荷重が45gの「PFU Limited Edition」および30gの日本語レイアウト仕様だけになります。さらに、「PFU Limited Edition」の静音機能には、HHKB Professional Type-Sと同等の機能が搭載されていて、差別化が図られているようです。

このあたりの機能の色分けは、東プレとPFUの販売戦略かもしれませんね。

APC機能(アクチュエーションポイントチェンジャー)は、用途で使い分けています。ゲームをするときには1.5mmに、それ以外はデフォルトの2.2mmです。「Fn」+「↑」のキー操作で簡単に設定を変更できます。付属のキースペーサーについては、現状のキーストロークの戻りに不満が無いので、いまのところ使う予定はありません。

■テンキーレスキーボードのラインアップ

東プレのホームページを見ながら、テンキーレスキーボードの製品ラインアップを表にしてみました(2021年8月5日現在)。参考にしていただければ幸いです。もし間違い等がありましたらご指摘くださいまし。

「PFU Limited Edition」の選択

「PFU Limited Edition」は、キータッチや機能に付加価値を求める人の選択肢となるプレミアムなキーボードです。
レビューの評価が高いという興味本位だけで購入すると、フィーリングが合わずにガッカリしたという方もいらっしゃるようなので、現状の不満事やキーボードに求める仕様、スペックを念頭に置いて検討されることをお勧めします。

私の場合、当初はメンブレンタイプの一般的なキーボードを使っていたのですが、ある時からゲームをする際のキータッチと応答性に不満を覚え、メカニカルキーボードを試し始めたのがきっかけです。黒軸、青軸、赤軸と迷走し、辿り着いたのが静電容量無接点方式のREALFORCEでした。操作性は無論のこと、通常のキー入力の心地よさに惚れこんでしまった次第です。

今回「PFU Limited Edition」を選択したのは、押下げ荷重45gとアイボリー色の組み合わせが唯一無二であったことと、東プレとPFUとのコラボレーションで静音機能にPFUのオリジナル仕様が織り込まれているところに魅力を感じたからです。ただ、東プレの通常の静音仕様を使ったことがないので違いがわからず、自己満足になってしまうのですが。

拘りを求めるキーボーダー?の方々、選択肢の一つとして「PFU Limited Edition」を吟味あれ…

[PFU Limited Editionの情報サイト]
東プレ×PFUコラボの“特別なREALFORCE” 「PFU Limited Edition」を試す
REALFORCE限定モデル「PFU Limited Edition」レビュー 高級キーボード界最強タッグ製品の実力は
超高級キーボードREALFORCEのPFU限定版を使い倒してみる

REALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」日本語配列(アイボリー)PZ-R2TLSA-JP4-IV

価格:31,350円
(2021/7/22 23:08時点)


雨引観音を訪れて…

大安の日、茨城県桜川市にある雨引山楽法寺(あまびきさんらくほうじ)を訪れました。
安産子育ての霊場として広く知られる雨引観音です。

平日の午前中でしたので、人はさほど多くなく、贈り物の安産守を購入したあとは、ゆっくりと散歩をすることができました。

ちょうど”あじさい祭”の最中で、きれいな紫陽花が至る所に咲いていました。
よく手入れがなされているのでしょうか、自然の紫陽花にありがちな虫食い葉っぱや蜘蛛の巣などが無く、とても見応えがありました。

梅雨の晴れ間に恵まれ、境内から関東平野を一望することができました。

長男、次男が誕生したときに参拝した雨引観音。
あれから歳月を重ね、花巻に住む長男夫婦の安産祈願を済ませてきました。。。


Mighty Mouse apple…

アップルのMighty Mouseです。
とっくの昔に生産が終了した有線マウスですが、現在でも未使用品が手に入ります。

この度、メルカリで購入しました。
マウス上面、ソール部分、スクロールボール、コードの状態を目視および触診しましたが、使用感は無く、販売者の訴求どおり未使用品(美品)で間違いないでしょう。元箱が無かったりしますが、メルカリでの未使用品相場は3,000円~4,000円のようです。ヤフオクでも取引されていますが、メルカリは固定価格なので即決購入できます。

僕は、Mighty Mouseをずっと使い続けています。今回で4個目です。
今でこそWinですが元々はMac使いで、Apple Pro Mouseの頃から、小ぶりで掴み持ちし易い形状と硬質なクリック感がとても気に入っています。

Mighty Mouseの裏面に、エアーパッドソールAS59を貼り付けました。
マウスパッドはエアーパッドプロIIIです。
ともに(株)パワーサポート製で、僕にはこの組み合わせによる操作性が一番好ましいですね。

Mighty Mouseをこれからもずっと使い続けていきたいところですが、新たに購入するのはこれを最後にしようかと思います。巷で言われているように、スクロールボールはどう考えても設計不良ですね。アップルは最後まで認めませんでしたが。

ご多分に漏れず騙し騙し使ってきました。消毒用エタノールを含浸させたウェットティッシュでスクロールボール部分をゴシゴシ擦ったりして。都度、スクロール機能は復活するのですが、3個目のMighty Mouseにも遂に限界が訪れました。

残された手段はもはや分解掃除という奥の手しかありません。しかしながら、そもそも分解できる仕様になっていないのが設計不良たる所以で、先人達の手引書を参考にしました。

Apple (Mighty) Mouse 分解、掃除方法:超わかりやすい図解つき!(スクロールの不具合解消法)
簡単だったよマイティマウスの分解掃除
Apple Mighty Mouse 分解掃除に挑戦。

一番の難所は裏側のカバーの取り外しですが、そこをクリアすればあとは比較的容易にスクロールボールのところまで行きつくことができます。

そしてローラー部分を直視してビックリ、これじゃぁスクロールできん訳です。
とても きちゃない のでクリック(拡大)閲覧に注意してください(笑)。

てなことで、今回購入した4個目を最後に、これからは分解掃除を励行して寿命を延ばしていこうと決意した次第です。ただ、元に戻すときには、裏側のカバーを接着剤などで接合し直さないといけないので、きれいに仕上げるにはそれなりに手間がかかります。

そこまでしてMighty Mouseを使いたいのか? と自問すると、使いたいのだ! と心の奥から自答が返ってきます。Mighty Mouseが好きな稀有な方?にはわかるかと(笑)。たとえ、左クリックと右クリックの同時認識ができなくても(ゲームによっては不便です)。。。


春の足音は聞こえど…

今年も梅が咲きました。
春の足音が近づいてきています。

新型コロナウイルスは、そんな自然の息吹に我関せず、人の体と心を蝕んでいきます。
早く収束して欲しい。
ワクチンも大事だけど、なによりも治療薬が早くできて欲しい。

昨年の同じ頃から、不要不急の外出は自粛しています。
自分が罹患したら重症化するかも、あるいは後遺症を患うかも。
自分だけで済めばいいけど、大切な家族や友人、勤め先の仲間に移してしまうと後悔してもしきれないことに。

あと1年なのか、それとも数年かかるのか。
人の行動に依存しても限界があるでしょう。
普通の日常に戻れるのはいつになることやら。。。


REALFORCE キーボード…

静電容量無接点方式のキーボードと言えば、東プレのREALFORCEシリーズです。

写真はRealforce91UDK-G(テンキーレス, ALL45g)。2015年から使用しています。1か月に1度は、消毒用エタノールでキートップとカバー表面の皮脂汚れを拭き掃除しています。印字が昇華印刷なので劣化もありません。(アルコール類を使った掃除は、塗装が剥がれたりする事例もあるようです。自己責任でお願いしますm(._.)m)

このモデルは既に生産終了品で、モデルチェンジした新しいシリーズが東プレから販売されています。

静電容量無接点方式のソフトタクタイルフィーリングが好きで、その特徴は下図の荷重特性で示されます。


押し下げ荷重(Press)のピーク(最大)は、キーを1mmちょっと下げた位置で発現します。

このピークを過ぎると押し下げ荷重はなだらかに減少していくので、慣性でキーを押し下げるような感覚になります。また、内蔵されているラバーカップと円錐スプリングの適度な反力がソフト感を演出しているように思います。

 


一方、メカニカルキー(CHERRY MXスイッチなど)は、下図に示すとおり押し下げ荷重が変位とともにリニア(直線的)に増加していきます(静音赤軸の例)。

(引用元:MX CHERRY

MXスイッチには、感触が異なる色々な軸があるので、好みで選べる楽しさがありますね。

ちなみに私は、黒軸、赤軸、青軸のキーボードを所有しています。

 

 

 

 


さて、東プレの新しいキーボードですが、テンキーレス、アイボリー色、45g仕様が気になります。この仕様ですとPFU Limited Editionしかありません。価格は28,500円(税抜)。高いなぁ…
APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能やチューニングキースペーサーが付加されているからかもしれませんが。

テンキーレス、アイボリー色、45gの基本仕様のみで構わないので、2万円前後で出してもらえないでしょうか!お願いしますよ、東プレさんm(.  .)m

それから、VARMILO(アミロ)のキーボードもなかなか良さそうです。
静電容量式メカニカルスイッチV2のVARMILO Sakura軸(作動力が45gfのリニアスイッチ)のテンキーレス『八雲』が発売されればポチってしまうかもしれません。

キリがありませんのでこの辺にしておきますが、最後にキーボード情報の備忘録を残しておきたいと思います。

APC機能搭載のキーボードREALFORCE Aをレビュー!

MX CHERRY MX Original

フェルマー,Varmiloの新型静電容量式メカニカルキースイッチを国内販売。搭載キーボードも発売予定

【スイッチ革命】メカニカルキーボードブランド「VARMILO(アミロ)」から、従来の静電容量式スイッチとメカニカルスイッチの”いいとこ取り”「静電容量式メカニカルスイッチV2」4種が新たに登場!

 


Welcome_おこしやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Twitter


ページ上部へ戻る