Petrushka(ペトルーシュカ)No.3/陽気で華やかなバレエ音楽

ストラヴィンスキー(Stravinsky)が作曲した三大バレエ音楽の一つ“ペトルーシュカ(Petrushka)”…
「陽気で華やかな曲調だなぁ」と、ピアノ編曲版を初めて聴いた時に感じました。

ストラヴィンスキー(1,882~1,971年/ロシア)は近代音楽史に属する作曲家・指揮者・ピアニストですが、三大バレエ音楽の作風は原始主義という音楽概念に属します。

原始主義音楽は、簡単に言えば形式や周期的なリズムにとらわれない音楽でしょうか…

今回取り上げるペトルーシュカ第三楽章「謝肉祭」は、リズムの変化とアクセントのつけ方がたいへん特徴的で、これが曲調に躍動感を与えていると思います。不協和的で難解な音楽ではなく陽気で楽しそうな旋律が随所に見られ、副題の「謝肉祭」と見事にマッチングしています。

バロック、古典派、ロマン派に聴き慣れていたものですから、この曲の印象を色で例えると“鮮やかな原色”というくらい新鮮でした。

ピアノへの編曲もストラヴィンスキー自身が行ったのですが、曲調とは裏腹に難易度が極めて高い曲です。キーシンやポリーニだからこそ、こんなにスムーズに安定して演奏することができるのだと思います。浅井純さんも高度なテクニックを披露されていますね。

Three Movements from Petrouchka から_Evgeny Kissin

壁紙Link

Three Movements from Petrouchka_Maurizio Pollini

Three Movements from Petrouchka_浅井純

原曲はオーケストラによる演奏です。

芝居小屋の人形ペトローシュカが生命を持って突如自ら動き出します。芝居小屋の魔術師は奴隷のごとく彼を扱い、片思いの人形には軽蔑されます。最後には恋敵の人形(ムーア人)に殺され、芝居小屋の屋根に亡霊となって現れるストーリーだそうです。いかにもシリアスで悲劇的な物語ですが、映像を観ている限りバレエの美しく優雅な舞踏を楽しむことができます。

クラシックバレエ&ダンス・ガイドさんが詳しく解説されていますので、興味のある方はご覧ください。

次の映像では、第三場の3分頃からがピアノ編曲版の第三楽章に相当します。

Stravinsky-Petrushka III(第三場)

Stravinsky-Petrushka IV(第四場)

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2010.10.29

    珠玉のAve Maria

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2011年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitter


ページ上部へ戻る