Bonjour,monsieur. サンソン・フランソワ

サンソン・フランソワ(Samson François:1,924年5月18日~1970年10月22日, フランスのピアニスト)と初めて出会ったのは、小学校4年生の頃だったと思います。

誕生日のプレゼントに父親が買ってきてくれた1枚のLP、それが“ サンソン・フランソワ/ショパン珠玉集 ベスト・オブ・ショパン”でした。

この1枚でクラシックピアノに目覚め、ショパンの虜(とりこ)になり、フランソワの大ファンになってしまったのです。挙句の果てに自ら志願してピアノ教室に通い始め、中古のアップライトピアノを購入してもらうことに。。。当初はオルガンで練習していたのですが、妹も習い始めたこともあって両親も決意したのだと思います。

一日中でも弾いていたかったのですが、団地住まいでは騒音の問題もあり、音の大きさを気にしながらせいぜい1時間がいいところでした。もし、周りに気兼ねなく好きなだけ弾くことができたなら、私の人生ももしかして。。。ショパンコンクール入賞なんてなことに(笑)。。。

まさに衝撃的なフランソワとの出会いでした。
甘美で、情熱的で、幻想的なショパンの曲…それは譜面そのものではなく、フランソワ自身の表現以外の何物でもないことに間もなく気づくことになります。

マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)、アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein)、ウラディミール・ホロヴィッツ(Vladimir Horowitz)など、名だたるピアニストのショパンが当時は、テクニックは超絶なれど表現がシンプル過ぎるように感じてしまうのでした。

フランソワの演奏スタイルは、直感的ともいえる感覚で自らの想いを音で表現しています。もっと率直に言えば、彼が弾くショパンは旋律がまるで優しく、ときには熱く歌っているかのように聴き手に流れてきます。

ゆえに、感覚が不調なときは表現にも影響し、釈然としない即興性のような形で評価されることもあったようです。

歳月を経て晩年に近づくにつれフランソワの感覚と想像性も成熟し、堂々としたスケールと風格が形成された演奏に変化しました。

ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11、ピアノソナタ第3番ロ短調作品58、幻想ポロネーズなどはその典型的な例でもあり、他のピアニストと比して異様に落としたテンポには、ショパンのメロディの美しさと同時にショパン自身の晩年への移ろいを一層強く感じます。

芸術家そのものがそもそも個性の表現なのですが、それ以上に独創的、独善的と評されることが多かったフランソワは、万人に賞賛されるピアニストではなかったようです。

しかし彼のセンスと聴き手のセンスが同期すれば、まるで中毒にかかったが如く虜になってしまう、そんな演奏家だったのではないでしょうか。
ただ私の場合、冒頭でも述べましたが兎にも角にもフランソワが最初でしたので、何の違和感もなく彼の音楽に没頭していきました。

フランソワをきっかけにしてクラシック音楽全般にも興味が波及したことを振り返ると、いま思えば私にとって彼が音楽の師であったかもしれません。。。

ショパン ピアノソナタ第2番第1楽章_Samson François

ショパン バラード第4番_Samson François

ショパン ピアノソナタ第3番第1楽章_Samson François

ショパン 夜想曲作品9-3_Samson François

ショパン 夜想曲作品27-2_Samson François

(2011.12.13追伸)

フランソワのCDでHQCD版が発売されていました。
ショパン バラード&スケルツォ集とショパン ピアノ協奏曲第1番&第2番です。

私はLP版しか所有していないので、記念に購入しました。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


関連記事

  1. Petrushka(ペトルーシュカ)No.3/陽気で華やかなバレエ音楽

    2011-07-06

  2. 幻想ポロネーズ…Pollini

    2012-07-26

  3. Masterpiece!…リスト ピアノソナタ

    2012-10-11

  4. 楽器の集い…

    2014-07-11

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

趣味や関心があることを題材に、体験談や感想などをエッセイ風に書いています。どうぞよろしくお願いいたします。m(._.)m

最近のコメント

  1. こんにちは。お便りたいへんありがとうございます!!! 水谷さんのコメントでおよそ10年前の記憶が蘇ってきました。あのときの岐阜城からの眺めは格別でした。 昭和26年の写真はとても貴重な画ですね。非常事態宣言も解除されたようですので、暑さにお気をつけて是非楽しんでいらしてくださいませ。

    • RiKKiE
    • 2020-05-14
  2. 岐阜城の記事を興味深く読みました。写真が明確で、内容が良く分かります。信長や秀吉の歴史的痕跡が多くあるのには驚愕です。岐阜城の天守閣からの眺望は、はるかかなたまで眺望でき、戦国時代ここから恐らく信長も天下統一を志したのでしょう。今度、女神像を観に行きたいと計画しています。数年前、この前で撮った写真が見つかりました。昭和26年頃撮ったもので、この写真を持って行きたいと思います。じっくり今昔の相違を確認したいと思います。

    • 水谷 成美
    • 2020-05-14
  3. お便り有難うございます。返信が遅くなり申し訳ありませんでした。 実を申しますと半年ほど前にHD660Sを購入しました。ある理由でHD650を分解したときにリード線を断ち切ってしまいまして。 銘機HD650の音質を本当に上回るのか疑心暗鬼でしたが、クラシック音楽の心地よい自然な高音の再現性は◎でした。 おっしゃるとおりアンプの選定には予算との兼ね合いで悩みました。いまでは、電源やケーブル類のアクセサリーも導入して、自分好みの音質になんとか仕上げることができました。 ヘッドホンによる音楽リスニングは、再生音質の良し悪しが一聴瞭然?なのでいろいろ試行錯誤しましたが、最近はもっぱら音楽鑑賞を楽しんでおります(^_^)。

    • RiKKiE
    • 2019-06-04
  4. 小生も万能機HD598を最初に買ってオールマイティ機によくある「どのジャンルもそこそこな性能」に 我慢できず3ヶ月でHD650に買い替えしました。 インピーダンスが300Ωと高いのでHPAを選びますねぇ~。Audio・gdのC2cという中華製H PAが相性よく、手放せません。

    • 杉ちゃん
    • 2019-05-29
  5. NHK交響楽団はあまり聴かないのですが、ドゥダメル氏の招聘が叶えばいいですね。篠崎史紀さんの演奏は聴いたことがありません。ごめんなさい。

    • RiKKiE
    • 2018-09-16
ページ上部へ戻る