ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番の名演

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
ピアノ ランラン, ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団

当時、ランランというピアニストに興味を惹かれて購入したのですが、じっくり聴いてみてその音楽性に感動した1枚です。

ゲルギエフの重厚で深みのある情感表現はとてもロマンチックで、ロシア色を随所に感じさせるラフマニノフ音楽の神髄を味わうことができます。

ランランのピアノは、オーケストラとの共演パートでは他の楽器に溶け込むように均衡が保たれ、旋律パートではテンポ・ルバート(tempo rubato)で美しい音色を奏でています。

音質については、Acoustic Reviveの石黒 謙氏が解説されているように、ピアノとオーケストラのバランスがとても良いと思います。弦楽器の響きが豊かで、ランランの繊細なタッチもよくわかります。

ピアノ協奏曲は、指揮者(楽団)とピアニストの調和の度合いによって音楽性に違いが出てきます。

この場合の調和というのは、感覚的な意味合いもあって説明が難しいのですが、曲の仔細に渡って指揮者(楽団)とピアニストの間で意思疎通が図られている ことではなかろうかと私は思います。それが事前準備に拠るものか、相互の感性に拠るものか、はたまた別な手段に拠るものかはわかりませんが…

いずれにせよ、ゲルギエフ(マリインスキー劇場管弦楽団)とランランが最善を尽くした名盤です。

ゲルギエフ指揮のピアノ協奏曲で、お気に入りをもう一つ紹介したいと思います。

ブラームス ピアノ協奏曲第1番
ピアノ ユジャ・ワン, ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ミュンヘンの夏の野外コンサート「オデオンスプラッツ・コンサート2017」の映像です。

重厚で情熱的なこの曲を、地に足のついた堅実な演奏でじっくり聴かせてくれます。終楽章ラストのスローテンポのアンサンブルには心酔しました(45:30あたりから)。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, Leica, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2013.06.11

    MAY…
  2. 2013.05.08

    TOMOちゃん…
  3. 2010.10.31

    麗美/REIMY

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitter


ページ上部へ戻る