タグ: 仙台

舌に魅かれて…

牛(ぎゅう)ちゃんの舌が恋しくて、仙台に行く度に必ず通うようになってしまいました。 この分厚さ、適度な歯ごたえ、ちょうどいい塩加減… すべてが私好みの利久の牛タンです。 それも今回は、1日目の夜と2日目の昼の2回も食べてしまいました。 やめられないとまらない状況です。 夜は“利久 東七番 […]

続きを読む

菓の匠…伊達絵巻

全国的に著名な仙台銘菓“萩の月”の製造元“菓匠三全(かしょうさんぜん)”から“伊達絵巻”です。 バウムクーヘンのように層を成す生地は身が締まっていて密度の高いしっかりとした食感で、中には餡またはクリームが充填してあります。 一滴の水も使わず新鮮な卵で練り合わせ焼き上げたそうで、素材の風味を感じること […]

続きを読む

不安と光明…

先週、仕事で宮城県の南三陸を訪れてきました。 瓦礫、家や建物の基礎、車の残骸… あれから9ヵ月が過ぎましたが、当時の惨状はそのまま痛ましい情景として残っていました。 多くの人が逃げまどい、家、思い出、すべてのものを飲み込んだ津波の恐怖と人々の悲しみが脳裏をよぎり、言葉を失ってしまいました […]

続きを読む

牛たん三昧_炭焼RIKYU

仙台の牛たんといえば“利久”だそうです。 というのは、前回仙台を訪れた際に昼食で“牛たん定食”を食べたことを同僚に話したところ、「牛たんといえばまず利久を食べなきゃ」と諭(さと)されました。 仙台で牛たんを初めて食べたのは、今を遡(さかのぼ)ること15年ほど前でしょうか。。。 「この分厚さはいったい […]

続きを読む

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitter


ページ上部へ戻る