極上のリスト / LANG LANG…

フランツ・リスト(1811-1886)の生誕200年に当たる2011年に録音された「LISZT MY PIANO HERO(リスト マイ ピアノ ヒーロー)」。
ピアノ奏法に革命を起こしたリストの作品から、“彼の最高で最も知られている曲”を選んだというラン・ランのアルバムです(録音当時29歳)。

繊細とダイナミズム。
対極にある二つの感性を併せ持つラン・ランの演奏は、詩情的で、そして躍動的で、視覚に例えればあたかも色彩に富んだ映像美を眺めているようです。

収録されている『ハンガリー狂詩曲第15番イ短調S.244-15 ラコッツィ・マーチ』は、ヴァイマル時代(40歳前後)に完成した譜面がリストのオリジナルですが、ラン・ランが弾くのは“ウラディミール・ホロヴィッツによる編曲版”です。
オリジナルに対して大胆に手が加えられ、重厚な曲に仕上がっています。
10代の頃のラン・ランは、このホロヴィッツの編曲にかなりインスパイヤされたそうです。

ラン・ランが弾くラコッツィ・マーチは、超絶的なテクニックを駆使して怒涛のごとく弾きこなすホロヴィッツやヴォロドスとは一線を画し、曲の音楽性を彼の感性で解釈した詩情美が演奏に現れているような気がします。

『アヴェ・マリア(シューベルト)S.558 リスト編曲』は、ラン・ランの演じるアゴーギクとディナーミクの効能で、まるで人が歌っているかのような甘美な旋律に魅了されます。

『ピアノ協奏曲第1番 S.124』は、これもヴァイマル時代に完成し、41歳の時に自らの演奏で初めて聴衆に披露された曲です。
リストがピアニスト時代に培った力強さ、重々しさ、優しさ、そして美しさが融合した、ピアノ協奏曲の傑作だと思います。
特に第2楽章の曲調は素晴らしく、ラン・ランの奏でるピアノの音色が格別です。
第3楽章のフィナーレは、歓喜の渦に包まれて終幕する歌劇のように華やかで感動的です。

プロモーションMV【Lang Lang – Lang Lang / Liszt – My Piano Hero EPK】

ラン・ランは語っています。
「(リスト)はその音楽にオーケストラ的な側面を加えたかったんだ。そう、時おり(リスト)の作品は、まるで小さなオペラか交響曲のように聴こえるんだ」※
このアルバムには、そんな彼の豊かな感受性が結実しています。
※CD付録の解説書より引用

歳を重ねるにつれ、演奏スタイルに重みが加わっていると感じるラン・ラン。
youtubeには、リスト作品のライブ映像がありますが、スタジオ録音の本アルバムは、安定した奏法で制御を効かせていて曲に深みが加わっています。
34歳の現在、そしてこれからの円熟期のレコーディングが一層待ち遠しくなりました。

最後に、三者三様のラコッツィ・マーチ(ホロヴィッツ編曲版)をどうぞ。

ラン・ラン【Lang Lang – Liszt Hungarian Rhapsody No. 15, ‘Rakoczy March’ 】

ヴォロドス【Volodos – Liszt Hungarian Rhapsody no.15 Rakoczy March 】

ホロヴィッツ【Liszt-Horowitz – Hungarian Rhapsody No. 15 ‘Rakoczi march’ 】

本家ホロヴィッツの演奏は凄まじいですね。
ラストは圧巻です。


Birthdaycake/ARTISAN Pâtissier ITABASHI…

フランス菓子「アルチザン パティシエ イタバシ」が、ここ茨城県結城の地に開業したのは、今から11年前の2006年。
職人気質のシェフが創作する本格的なスイーツを味わおうと、遠方から訪れる人が絶えない人気のお店です。

そんな名の知れたお店でありながら、僕はと言えば、一度もここのケーキを口にしたことが無かったことに最近気付きました。
自宅から車で5分ほどの好ロケーションでありながら。。。

2月は家族の誕生日。
「アルチザン パティシエ イタバシ」でホールケーキ(アントルメ)を予約しました。
仕事を早めに切り上げお店に着いたのは18時30分頃でしたが、駐車場は満車状態。
結城の地で、かつ、この時間に繁盛しているのは、やはり人気が高いことの現れでしょうか。

オーソドックスなショートケーキだからこそ、そのお店の真髄を味わうことができそうです。

ホールの飾り付けはとてもエレガント。
果物は、メインのストロベリーにブルーベリーとラズベリーでアクセントをつけています。
ストロベリーは一粒一粒が整っていて、断面の形も綺麗です。

生クリームは、脂っぽさが感じられず、なめらかで口当たりがとても良いです。
甘さもほどほどで、素材の上質さがわかります。
知人が言うには、子供の味覚ではその甘さがもの足りないらしいので、大人向けの味わいに仕上げているようです。
スポンジは柔らかく、口の中で瞬く間に解されクリームと混ざり合います。

シェフのこだわりを感じる逸品、たいへん美味しくいただきました。
さて、お次は「Carré de chocolat(カレ・ド・ショコラ)」しようかな。。。


日光東照宮…

日光東照宮に行ってきました。
江戸幕府 初代将軍 徳川家康公が神(東照大権現)として祀られている日光東照宮は、今年が御鎮座400年の節目だそうです。

日光の地は結城からさほど遠くないのですが、訪れるのは今回が2度目。
日本屈指のパワースポットでもあり、ご利益を与りに参拝してきました。


【五重塔】
一層から四層まで平行垂木、五層のみ扇垂木になっています。
全ての様式を統一せず、故意に異なる形を残すことで未完成の意を表しているそうです。
(いつぞやのTV番組で紹介していました)。
完成すればそこから崩壊、衰退が始まることを避ける願いが込められています。

【鼓楼】
中には太鼓が収められています。


【廻廊】
一枚板の透かし彫りです。匠の成せる技です。


【上神庫(かみじんこ)】
「想像の像」が二頭、彫刻で描かれています。


【奥社唐門】
唐銅で屋根、柱、壁などを鋳造し、鋳抜門(いぬきもん)と称されています。
青銅の狛犬の頭上斜めには、蜃気楼を作り出すといわれる伝説の霊獣「蜃(しん)」が形作られています。


【唐門】
全体が胡粉(ごふん)で白く塗られ、細かな彫刻が施されています。
上側が「許由と巣父(きょゆうとそうほ)」、下側が「舜帝朝見の儀(しゅんていちょうけんのぎ)」です。


【神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)】
神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)だそうです。
猿が馬や牛を守護する厩猿(うまやざる)信仰から、長押上には猿の彫刻が施さています。
(修理中で写真が貼られていました)。
かの有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」三猿の彫刻もこちらです。
左右の屋根の長さが違います。こちらも未完の意です。

 


【神輿舎(しんよしゃ)】
三基の神輿(みこし)が納められています。
写真は、干支の虎と竹が彫られた家康公の神輿です。


「人の一生は重荷を負ふて遠き道を行くが如し。急ぐべからず。
不自由を常とおもへば不足なし。心に望み起こらば困窮したる時を思ひ出すべし。
堪忍は無事長久の基。怒りは敵と思へ。
勝つことを知りて負くることを知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人を責めるな。及ばざるは過ぎたるに勝れり」
(出典:レファレンス協同データベース


【唐銅鳥居】
パワースポットの一つとされる石畳に立ち、唐銅鳥居、陽明門の方を向いて撮影しました。
陽明門は、来春まで修理中とのことです。


締めは「ゆば蕎麦」で。。。

およそ2時間の境内巡り、繊細で豪華な建造物に圧倒されました。
撮影はできませんでしたが、本殿の凛と張りつめた空気、本地堂の鳴き竜の気高い鈴の音に感動しました。

世界遺産 日光の社寺には、日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社があります。
今回は東照宮だけでしたが、陽明門の大修理完了の暁には輪王寺、二荒山神社をゆっくり訪れたいと思います。


まゆげった…

「祭りゆうき2016」で初めて出会いました。
結城市のマスコットキャラクター『まゆげった』です!!!

市内に住んでいるのに、会えそうでなかなか会えませんでした。
応援よろしくお願いします!!!

◆まゆげった のご紹介◆
名前の由来は繭と下駄。
結城市といえばユネスコ無形文化遺産に登録されている結城紬。繭は結城紬の原料です。
また下駄や箪笥といった桐製品も伝統産業として盛んです。
もちろん、まゆげったも結城紬と桐下駄を着用。
(出典:ゆるキャラ®グランプリ オフィシャルウェブサイト


(出典:まゆげった プロフィール


音楽三昧/APL-1…

imgp2709_6

オーディオというのは、再生音楽の音質に興味を抱けば抱くほど奥が深い嗜好性の世界であると、最近実感しています。

StereoSound No.158 巻頭言(オーディオ固有美)で菅野沖彦氏が述べられています。
「オーディオ機器は、変換、伝送、増幅の理論や設計、製造の技術がどんなに進歩しても、一つひとつの部品に至るまでが、物性からくる音の癖やキャラクターといわれる個性から逃れることはできない。」

そこにオーディオ機器選びの醍醐味が存在するのですが、機器以外のアクセサリー一つとっても、その材質、物理特性によって音質が変化するのですから、魅惑的である反面、とても悩ましき事柄でもあります。

前回の記事では、インターコネクトケーブル(RCA)とスピーカーケーブルを交換した感想を記しました。
今回は、スピーカーのインシュレーターと電源ケーブルについて触れてみたいと思います。

上の写真は、スピーカーとスタンドとの間に介在するインシュレーターです。
2種類のインシュレーターを組み合わせていて、上側の金属がoyaideのINS-US(スパイク)とINS-SP(スパイクベース)、下側がJ1 プロジェクトのC30S-J/4Pです。

当初はINS-USとINS-SPのみで音楽を聴いていたのですが、僕のシステムではどうも高域が強すぎるような傾向にあり、キンキンする耳障りな周波数帯域が気になっていました。
そこで、ソフト系のインシュレーターで高域を抑制できるのではないかと考え、予備で保管していたC30S-J/4Pを下に敷いてみることにしました。

そのファーストインプレッションをtwitterに書き留めてあります。

・「スピーカーのインシュレーターはoyaideステンレス製スパイク、スパイクベースですが、J1プロジェクトのマテリアル C+T ダンピングパッドに変えてみました。 全体的に落ち着いた感じに。 そのパッドの上にスパイクベース、スパイクを。 高域のきつさが和らぎ中低域の厚みが増しました。」

・「スパイクとベースは点接触だけど、ベースとスピーカースタンド天板は金属同士の面接触。 そのベースと天板の間にソフト系インシュレーターを介在させると、立上がりの鋭さは弱まるものの、音が滑らかにかつ中低域の厚みが増え、とても聴きやすい音色になりました。 インシュレーターも面白いですね。」

高域の鋭さが抑えられ、その分中低域側に聴感上のバランスが寄ったものと思いますが、ステンレス特有の強調されるような高域表現がかなり緩和されました。

参考にソフト系のC30S-J/4Pのみでも試聴していますが、前述のとおり全体的に落ち着いた感じになります。
これはC30S-J/4Pの振動吸収効果に因るところが大きいと思いますが、同時に低域の締まりが若干和らぐ傾向が認められたので、僕の嗜好からは外れてしまいました。

imgp2700

続いて、こちらはアキュフェーズの電源ケーブルAPL-1
APL-1は、プリアンプC-3800の付属用に新規開発された電源ケーブルですが、単品でも販売されています。

apl-1
(出典:アキュフェーズ株式会社 トピックス)

そもそもプリメインアンプにアキュフェーズのE-350を使っていることもあって、同社製品なら信頼性と相性は申し分なく、電源ケーブルのグレードアップには最適だと考えました。

ただ、電源ケーブルの交換は今回が初めての体験ではありません。
過去に別のシステム(5.1chマルチ)で試したことがあり、一聴して明らかな変化は低域の量感が増したことでした。
そのような経緯から期待に胸をふくらましてしてAPL-1の試聴に臨みました。

・「電源ケーブルAPL-1が届いたので、プリメインアンプの標準ケーブルと交換。 交響曲では高域の伸びが滑らかにになり、空間の広がりが増したかのよう。 ジャズでは低域の音圧が明らかに増し、低音の質が上がりました。 全体的に音の鮮度が高まりました。 電源ケーブルの効能、あなどるべからず。」

・「滑らかで伸びのある高域、柔らかな中域、そして深みのある低域が好みの音質。 ジャンルは何でも聴くけど、基準にするのはクラシック系。 スピーカーのインシュレーターとアンプの電源ケーブルを変えてみて、一気に好みの音質に近づいた感がする。 慣れてくると、また欲がでてくるのだろうか。。。」

電源ケーブルは電気信号ではなく電気そのものを伝達する電力系ケーブルなのに、なぜこのように音質が変化するのか、その原理はよくわかりません。
プラセボ効果ではないかと疑念を抱く方もいらっしゃるくらいです。

この結果に気を良くして、CDプレーヤーにもAPL-1を導入することにしました。

・「本日、2本目の電源ケーブルAPL-1が届いたので、CDPの標準ケーブルと交換してみます。 このケーブルは太いのに柔軟なので取り回しがとても楽ちん。 これですべてのケーブルのグレードアップが完了です。 今後の投資は、ソフトの方に転換。 音楽を存分に楽しまないとね。。。」

・「CDPの電源ケーブルを交換すると、予想どおりS/Nが良くなりました。 アンプの電源ケーブル交換時ほど顕著ではありませんが、クラシック音楽では高域の伸びと小音量時の質感が改善しています。。。」

CDプレーヤーが取り扱う微小信号の変換、伝送に大きなパワーは必要ないと思うのですが、より歪みの少ない電源ケーブルの作用で信号の純度が向上したのかもしれません。

imgp2712_2

この写真は、E-350に付属の電源ケーブルとAPL-1を比べたものです。
太さの違いは一目瞭然です。
線径が太くなればその抵抗は小さくなる という物理法則は理解しているのですが…

インターコネクトケーブル(RCA)に始まりスピーカーケーブル、そして今回の電源ケーブルと、これですべてのケーブル類のグレードアップが完了しました。
その目的は、ひとえにオーディオ機器本来の性能を十分に発揮させること、CDなどの媒体に収められている音楽データを余すことなく伝送し再生することでした。

市場には、多種多様なケーブル類があります。ピンからキリまであります。
いろいろ試して音の変化を楽しむという趣向もありです。

でも僕の場合、現状の仕上がりにひとまず満足しているので、これからは音楽ソフトをもっと充実させ、音楽そのものを楽しむことに比重を置きたいと思っています。
オーディオは音楽を楽しむためにあるのですから。
(実を言うと、次なる願望はCDプレーヤーのグレードアップなんです…年末ジャンボ買わなくては…)


Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2019年4月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitter


ページ上部へ戻る