ドゥダメル/情感豊かな若き指揮者…

グスターボ・ドゥダメルというベネズエラの指揮者をご存知でしょうか?
若き天才指揮者の名声を博し、今年のウィーン・フィル ニューイヤー・コンサートに登場した彼のことを。

僕は最近知りました。それも、Facebookの知人の知人の発信で。
そうなると、早速確かめなくてはなりません。いったいどのような演奏(指揮)なのか。

こういう時に役立つのがYouTubeです。
聴いた曲は「スターウォーズのテーマ(王座の間とエンド・タイトル)」と「マーラー 交響曲第2番 復活」。

この2曲を聴いて確信しました。彼が天才と言われる所以を。
オーケストラが本来有するダイナミズムと繊細で美しい音色を見事に引き出している、あるいは演出しているように感じたからです。

「スターウォーズのテーマ」はなんて情感豊かなんでしょう。
本家本元と比べると、よりクラシカルな趣きがあります。
まるで交響詩のようです。

John Williams across the Stars
(「スターウォーズのテーマ」は2分15秒あたりからです)

Mahler – Symphony No.2
– Simon Bolivar Symphony Orchestra – Gustavo Dudamel

(演奏開始は7分23秒あたりからです)

以上のようないきさつがあって、ドゥダメルのCDを初めて購入しました。
冒頭写真の「マーラー交響曲第5番」です。
オーケストラは、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ。
(録音は2006年2月 ドゥダメル25歳の時)

「マーラー交響曲第5番」については、実は2枚コレクションがあります。
1枚はレナード・バーンスタイン(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)、もう1枚はズービン・メータ(ニューヨーク・フィルハーモニック)。
重厚で情緒あふれるバーンスタイン、ナチュラルで流麗なメータと、対照的な二人を楽しめるのですが、果たしてドゥダメルはどのような演奏を聴かせてくれるのだろうか興味津々でした。

ドゥダメルは、静と動を巧みに表現しているように思います。
静寂とダイナミック、緩と急の扱いが絶妙で、各楽器のパートがとてもきれいに奏でられているような印象を受けました。
これは、奏者が楽器の音色を存分に奏でることができるような環境(速さ、調子、リズム)を、ドゥダメルが作り出しているからだと考えるのは早計でしょうか。

全楽章を通し、総じて感じたことは、まるで映画を観ているかのように味わい深い演奏であったことです。
田園風景を彷彿させる描写表現的な美しさも随所に感じました。
第5楽章のフィナーレは力強く、湧き上がるエネルギーが雄大な波となって押し寄せてくるような迫力がありました。

グスターボ・ドゥダメル…
いやはや、凄い指揮者が現れました。
彼の作品のコレクションがこれから増えそうです。


音の旅路/アンドレ・ギャニオンの調べ…

美しくて、優しくて、静かで、切なくて…
心に染み入るメロディに魅せられてしまいます。

カナダの作曲家、ピアニスト、アンドレ・ギャニオン(André Gagnon)が6年ぶりにアルバムを出しました。
「Les Voix Intérieures」(音の旅路)
フランス語を直訳すると「内なる声」です。

全10曲のうち9曲が未発表の新曲で、ラストの1曲はARIA(夜に流れて)が再収録されています。

アンドレ・ギャニオン|音の旅路|Victor Entertainment
01 流れる雲の果てに(PERDUE ET RETROUVEE)
02 想い出はいつまでも(PETITE NOSTALGIE)
03 イングリッシュ・ホルンが聴こえる(POUR COR ANGLAIS)
04 カーラを訪ねて(POUR CARLA)
05 あまりに時は短くて(PARFOIS TROP COURT)
06 天使がよぎって行く(PRESQUE IMPROVISEE)
07 優しい昼終わり(FIN D’ APRES-MIDI(2016))
08 素晴らしい時間(TIERCES)
09 寄り添う想い(COMPASSION)
10 夜に流れて(ARIA)

「06 天使がよぎって行く」はスタジオで即興的に作曲されたそうです。※
(PRESQUE IMPROVISEE)の直訳は「ほとんど即興」ですが、そのようには思えないきれいな調べです。

「09 寄り添う想い」は、東日本大震災に心を痛め、日本のことを想って作られました。※
傷ついた心を抱きしめ慈しむような深く静かな曲です。

「02 想い出はいつまでも」と「07 優しい昼終わり」では、優しく愛らしい曲調で心が和みます。

心を落ち着けたいとき、静かな時を過ごしたいとき、疲れた心身を休めたいとき…
そんなときには是非、アンドレ・ギャニオンの調べを聴いてみてください。

※ CD付録の解説書(服部のり子氏 執筆)を参照。

最後に、このアルバムではありませんが、美しいメロディの名曲を幾つか…

Tomorrow(明日)

Chanson pour Liona(一人のドライヴ)
TVドラマ「甘い結婚」(木梨憲武 財前直見 他)の最終回、エンディングで流れました。

Love Theme(愛のテーマ)

O LITTLE TOWN OF BETHLEHEM(ベツレヘムの小さな町)

Photo Jaunie(セピア色の写真)

Origami(折り紙)

Chanson sans paroles(ぬくもりにふれて)

Souvenir lointain(思い出をかさねて)

Juliette et Alexandre(静かな出逢い)


いちごの里のスイーツ…

今日は父の日。
減量中の身なので、おねだりしてなんとか買ってもらいました。

栃木県小山市にあるいちごの里
その一画の「いちご畑のスイーツ工房 ベリーベリーマルシエ」の美味しそうなケーキです。

手前は「3号とちおとめタルト」。
上品な味わいで余は満足じゃ( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに2個は食べてないですから。
奥のシューを含めて半分づつで合わせて1個です(>_<、)


Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2019年4月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitter


ページ上部へ戻る