REALFORCE キーボード…

静電容量無接点方式のキーボードと言えば、東プレのREALFORCEシリーズです。

写真はRealforce91UDK-G(テンキーレス, ALL45g)。2015年から使用しています。1か月に1度は、消毒用エタノールでキートップとカバー表面の皮脂汚れを拭き掃除しています。印字が昇華印刷なので劣化もありません。

このモデルは既に生産終了品で、モデルチェンジした新しいシリーズが東プレから販売されています。

静電容量無接点方式のソフトタクタイルフィーリングが好きで、その特徴は下図の荷重特性で示されます。


押し下げ荷重(Press)のピーク(最大)は、キーを1mmちょっと下げた位置で発現します。

このピークを過ぎると押し下げ荷重はなだらかに減少していくので、慣性でキーを押し下げるような感覚になります。また、内蔵されているラバーカップと円錐スプリングの適度な反力がソフト感を演出しているように思います。

 


一方、メカニカルキー(CHERRY MXスイッチなど)は、下図に示すとおり押し下げ荷重が変位とともにリニア(直線的)に増加していきます(静音赤軸の例)。

(引用元:MX CHERRY

MXスイッチには、感触が異なる色々な軸があるので、好みで選べる楽しさがありますね。

ちなみに私は、黒軸、赤軸、青軸のキーボードを所有しています。

 

 

 

 


さて、東プレの新しいキーボードですが、テンキーレス、アイボリー色、45g仕様が気になります。この仕様ですとPFU Limited Editionしかありません。価格は28,500円(税抜)。高いなぁ…
APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能やチューニングキースペーサーが付加されているからかもしれませんが。

テンキーレス、アイボリー色、45gの基本仕様のみで構わないので、2万円前後で出してもらえないでしょうか!お願いしますよ、東プレさんm(.  .)m

それから、VARMILO(アミロ)のキーボードもなかなか良さそうです。
静電容量式メカニカルスイッチV2のVARMILO Sakura軸(作動力が45gfのリニアスイッチ)のテンキーレス『八雲』が発売されればポチってしまうかもしれません。

キリがありませんのでこの辺にしておきますが、最後にキーボード情報の備忘録を残しておきたいと思います。

APC機能搭載のキーボードREALFORCE Aをレビュー!

MX CHERRY MX Original

フェルマー,Varmiloの新型静電容量式メカニカルキースイッチを国内販売。搭載キーボードも発売予定

【スイッチ革命】メカニカルキーボードブランド「VARMILO(アミロ)」から、従来の静電容量式スイッチとメカニカルスイッチの”いいとこ取り”「静電容量式メカニカルスイッチV2」4種が新たに登場!

 


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, Leica, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitter


ページ上部へ戻る