HD660Sを聴いて…

ゼンハイザーのHD660Sが現在の愛用ヘッドホンです。

私はクラシック音楽を主に聴くのですが、ゼンハイザーのヘッドホンが好きで、これまでHD580HD650と使ってきました。特にHD650は、He&Biのヘッドホンサイトさんのレビューどおり、分解能の良さ、低域の厚みと量感、中高域の繊細で聴き疲れしない音が気に入っていました。

HD660Sは昨年(2018年)の8月から使っています。
中高域は透明感があり、響きがとても豊かです。優しく心地よいHD650の特性を引き継ぎながらも、特に高域は雑味が削ぎ落とされたかのようにナチュラルで聴きやすい質の音に変わっています。低域は量から明瞭さに比重が移ったように感じますが、帯域バランスとしての不足感はありません。

2,003年に発売されたHD650は、ゼンハイザーのオープン型ヘッドホンの象徴的なモデルで、長らくの間ファンを魅了し続けてきた名機です。一方HD660Sは、今日のハイクオリティなソースの再生に適応するために、新たなレファレンスモデルとして開発されました。リスナーの嗜好は多様なので、従来のHD650の音質を好まれる方もいらっしゃるかと思います。私は、より解像感が増したHD660Sに惹かれました

外観がチープだというネット上の評価をよく目にします。価格が50,000円台のヘッドホンとしては、確かにチープさは否めませんが、それなりに高級感が漂っていると思うのは少々贔屓目(ひいきめ)でしょうか。

ヘッドホンは、そのリスニングスタイルから音質の仔細を把握し易いので、上流側のオーディオ機器、電源関連、インターコネクトケーブル等の特色も識別し易いと思います。参考ですが、前述の感想に用いた再生システムは、CDプレーヤーがアキュフェーズのDP-430、ヘッドホンアンプがティアックのHA-501-SP、HD660Sのケーブルコネクタの先端にはアコースティックリバイブのFNS-PHONEを装着しています。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, Leica, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2010.07.11

    HD650…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2019年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter


ページ上部へ戻る