そらいろ…

IMGP1416_2

天高く透けるような空色というのは、いまの季節しか味わえない旬な風物です。

寒ければ寒いほど大気が澄み渡り、広くて大きな空をはるか遠くまで見渡すことができます。
ただ、これは太平洋側の地域の話であって、たとえば富山の方に聞いたのですが、日本海側ではほとんどの日は雲に覆われていて雪が多く、立山連峰などは肉眼で観ることすら難しいそうです。

鮮やかな夕日、澄み渡る景観、雪一面の絶景…
冬ならではの美しい写真が巷で賑わっていますが、なかでも息を呑むような画は、撮影する人の知識、知見、そしてなによりも忍耐(極寒の世界)がなければ得られない賜物だそうです。

寒いのが大の苦手な僕は、大安の今日、初詣に出かけるのがやっとの思いでした…(>_<)

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2013.08.09

    百日紅…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2015年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Twitter


ページ上部へ戻る