楽器の集い…

P1020944_2
(フランスのピアノメーカー“エラール”のピアノ. 1847年製)

浜松市楽器博物館は1995年(平成7年)4月に、日本初の公立楽器博物館として開館しました。
世界のあらゆる楽器を収集し、収蔵数は約3,300点、そのうち常設展示は約1,300点だそうです。

JR浜松駅から徒歩10分、こだま号の待ち時間を利用して訪れました。
入口から1Fのフロワには、インドネシア・ジャワ島とバリ島の“青銅ガムラン”などきらびやかな楽器が一面に展示されています。
階段で地下に降りれば、そこには西洋楽器、鍵盤楽器、電子楽器、日本楽器などが所狭しと陳列してあって、その数に圧倒されます。
自ら楽器を演奏する人、クラシック音楽が好きな人なら、夢中になること間違いありません。

惜しむらくは、時間があまりにも少なすぎました。
新幹線の待ち時間50分程度では、とてもすべてを見て回ることができません。
一つひとつの楽器の仔細を観察し、その解説を読み、ヘッドフォンで音色を楽しんだりするには、2~3時間は欲しいところです。

出張の帰路のひとときに立ち寄った楽器博物館、ほんの一部ですが館内の様子をDMC-LX3で切り取ってきました。
それぞれの時代の作曲家、演奏家が使っていた楽器を見ていると、なんとなく魅力的で時を隔てた浪漫を感じます。。。

P1020918_7
(ファゴット)

ダブルリードの低音木管楽器。ファゴットはイタリア語で「薪(まき)の束」の意味。

P1020934_2
(チェンバロ. F.E.ブランシェ2世(パリ 1765年))

鍵盤を押すとジャック(木片)が上がり、その先に取り付けられたプレクトラム(鳥の羽軸や皮製の爪)で弦をはじきます。16~18世紀が全盛。

P1020921
(トロンボーン)

 

P1020923_5

 

P1020959_8

ピアノのフレームは、当初は木材のみで作られていました。
しかし、より大きな音を出すために張力を強くしたところ、木材のフレームでは耐えることができなくなりました。
その後、鋳造フレームが1847年にアメリカで作られ、現在でも使われています。
弦の張力は木材フレームで約760kg、現代のピアノは約20t(1本の弦当たり80kg)だそうです。

P1020941

ピアノを発明したとされるバルトロメオ・クリストフォリ(Bartolomeo di Cristofori)の1720年製ピアノの復元モデルです。

P1020954_3

 

P1020977_7
(モーグシンセサイザー システム35)

シンセサイザーは1955年にアメリカRCA社で開発されたRCAエレクトロニック・サウンド・シンセサイザーが世界初とされています。
音波(正弦波)を合成して音と創造するという音楽史上画期的な発明でした。
その後、アメリカの電子工学博士であるロバート・モーグが開発したシンセサイザーにより、電子音楽の新しい世界がいっきに広まっていきました。

1968年にウォルター・カルロスが製作した“スイッチト・オン・バッハ”は、モーグⅢシンセサイザーを駆使してバッハの名曲を再現したアルバムです。
ご存知の方も多いかと思いますが、僕もこのLPを持っています。
古典派、ロマン派などのクラシック音楽を中心に聴いていたところに、バッハがブレイクしたトリガーでしたw

“スイッチト・オン・バッハ”そのものとは違いますが、その雰囲気を味わえる名演奏をどうぞ…

brandenburg concerto #3, 3rd Movement

A tribute to Wendy Carlos. Sinfonia To Cantata #29, J.S. Bach.

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitter


ページ上部へ戻る