朧(おぼろ)・叙景…

IMGP7785_5v

It is indefinite memory hazily.

If I gnaw the fragment of the memory, nostalgic frame will emerge vacantly.

The wooden house which decayed, stone stairs, a herbal scent, a whisper of an insect.

I may feel sad to the uncertain scenery which closed eyes and appeared.

Nostalgic memory changes hazily as it grows older.

 

Today is the eldest son’s 20th birthday.

My impressive feelings are vivid.

 

朧(おぼろ)のようにはっきりとしない不確かな記憶。

記憶の欠片(かけら)を齧(かじ)ると、ぼんやりと浮かび上がる懐かしい一齣(ひとこま)。

木造の朽ちた家、石の階段、草の香り、虫の囁き…

ふと瞼に映る不確かな風景に、何故か哀愁を感じることも。

歳を重ねるにつれ、懐かしい記憶が朧に変っていきます。

 

今日、長男が二十歳の誕生日を迎えました。

感慨深い心情は色鮮やかです。

 

Many happy returns of the day! Happy birthday!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2014.09.15

    山川不動尊…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2013年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

Twitter


ページ上部へ戻る