ニンニクぱわ~~~…ジパング軒

8月8日、TUTAYA結城店の横に“ジパング軒”がオープンしました。
結城店で5号店目だそうです。

いわゆるガッツリ系ラーメンで、日本代表の意気込みで作り込んだという“ジパング麺”を目当てに訪れました。

これが、その“ジパング麺”大盛です。
お値段は580円(税抜)也。

並盛・中盛・大盛は同じ料金です♪
「ニンニクと背脂は入れますか?」と聞かれたので、迷わず「入れます」と返しました。

右側手前が“ニンニク”、その奥が“背脂”です。

“背脂”はリキッドだと思っていたのですが、ソリッドでコンモリくるとはビックリしました。
混ぜ混ぜして、スープの中に分散させてから食べます。

スープは、見た目からも分かるように醤油系です。
事前にネットで下調べしたときには“濃厚豚骨”と銘打っていたので、これにもビックリしました。

思うに、豚骨をスープベースとして使っているんでしょうけど、一般的な白濁濃厚の(九州)豚骨ラーメンとはまったくイメージを異にします。

したがってお味は、ニンニクがよく効いたスタミナ系醤油ラーメンです。

大きなチャーシューが2枚にたっぷりモヤシ、麺大盛にニンニクパワー…

これで580円ですから、コスパ良くお腹をポンポコリンにしたい人にはお誂(あつら)え向きのラーメンですね。

 

 

こちらは“濃厚魚介つけ麺DX”大盛、980円(税抜)也。
ノーマルな“濃厚魚介つけ麺”が680円(税抜)なので、deluxeは300円増しということです。

チャーシュー3枚に味玉、メンマ、海苔が入っています。
並盛・中盛・大盛は同じ料金です♪

つけ汁は流行(はやり)の魚介系ですが、これまで食べた魚介系つけ麺と比べると、個人的には甘口に感じました。

前述の“ジパング麺”は、ニンニクを入れてこそ“ジパング麺”だと思うのですが、ニンニクゆえに、食べる人を選ぶトッピングでもあります。

ジパング軒他店の口コミなどを見てると、ニンニクの量加減も注文時に指定できるようですね。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2013.06.21

    ブラック…
  2. 2013.12.14

    あるでん亭…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2012年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Twitter


ページ上部へ戻る