伊東の日…後篇

由緒ある格式高い老舗旅館なんだろうなぁ…

伊東松川沿いに海岸まで向かう途中、目に入ってきた木造建築。

それもそのはず、昭和3年(1,928年)の創業から平成9年(1,997年)までおよそ70年の歴史を刻んだ温泉旅館でした。

温泉旅情を高揚させる観光施設として、平成13年(2,001年)、伊東温泉観光・文化施設『東海館』として開館したそうです。

有料ですが中を観覧することもできます。
入館できるとは露知らず、出かける前にもっと情報収集しておけばと後悔先に立たずです。。。

なぎさ公園までやってきました。ここから伊東湾を望むことができます。

天気も曇天空だったので人も疎(まば)らでした。

伊東市制30周年記念モニュメントとして、地元の彫刻家・重岡建治氏が制作した彫刻が展示されています。

伊藤園ホテルと道路を挟んで向かいにある足湯温泉“ふれあいの湯”です。無料ですよ。

伊東温泉 湯の花通り商店街。。。

やっぱりありました、温泉街の商店通り。
地元の生活と密着した下町情緒溢れる商店街です。

伊東駅前から約450mの距離にわたって続いていました。

振り返ってみれば、この温泉の旅から早くも2週間が経とうとしていますが、久しぶりにまったりできた1日でした。

帰りは、「伊東→熱海→(東海道本線)→大船→(湘南新宿ライン快速)→小山→結城」と、すべて在来線の乗り継ぎです。

熱海→小山間は通しで普通車グリーン席に乗車し、時間はかかれど、弁当食べて寝て飲んでのスローな時間でした。

新幹線や特急だけが移動手段ではない、普通列車の旅もいいものですね。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2014.05.07

    百花繚乱…
  2. 2014.03.26

    春色…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2012年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitter


ページ上部へ戻る