とってもおおきな車窓…福北ゆたか線

JR博多駅から乗車したのは、博多発折尾行普通電車です。

ドアとドアの間には、見晴らしのいい大きな大きな1枚ガラスの窓。
篠栗(ささぐり)線から筑豊本線に続く沿線の景色が途切れることなく流れていきます。

固定式の窓には直射日光を遮るカーテンなどはなく、女性にはさぞかし辛い車両ではと思ったのもつかの間、“UV96”というラベルを窓の隅に見つけました。

UV(ultraviolet)カットのガラスを採用した車窓は、在来線の近郊電車では旧世代の車両を除いていまや一般的になってきたようです。

JR九州の車両には、普通電車にしても特急電車にしても必ずどこかに御洒落な要素がちりばめられています。

それは形状であったり、色彩であったり、素材であったり、ちょっとした気遣いも含めて、九州に赴いて電車に乗るときはいつも感じてしまいます。

今回乗車したのは817系電車だと思いますが、大きな窓以外にも木製の座席に本革のクッション、ドア付近には円形に配したつり革など、気を付ければまだまだ見つかるかもしれません。

地元の人たちは日常ですが、やっぱり九州の電車は御洒落です。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2012.06.27

    30th Anniversary…
  2. 2010.08.12

    水戸線にE531…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2011年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Twitter


ページ上部へ戻る