Thank you, Jobs…

私が手で触れた最初のMacは会社のMacintosh ColorClassicでした。
私が買った最初のMacはMacintosh LC630でした。当時のOSは漢字Talk7…

そのころスティーブ・ジョブスは、共同設立したApple社から解任されていて、これも自ら設立したNeXT社で陣頭指揮をとっていましたが、数年後の1,997年にApple社によって買収され古巣に復帰します。

そして彼の復帰後Apple社はイノベーションを興し、世界を魅了するハード&ソフト&サービスを次々と誕生させ、世界で最も価値のある企業に躍進しました。

革命児スティーブ・ジョブス…
慣習を廃し常に新しきを求めた創造と破壊、頭脳明晰、強烈なカリスマ性、忠誠と統治…

全身全霊を捧げて時代を駆け抜けたイノベーターは、日本史戦国時代に現れた不世出の英傑 織田信長の生き様とどこか似ています。

人物像としては完璧ではなかったスティーブ・ジョブス。
だからこそ、そこに人間的な魅力がいっぱい詰まっているように思います。

彼の造った作品は、有形・無形問わず気品がただよっているように思います。

ジョブスが語ったそうです。
「デザインは見た目だと思っている人もいる。しかし、当たり前だがもっと突き詰めて考えると、実は仕組みを意味する。」

Pro Mouse(Black)は現役を退いていますが、美しい外観と何とも言えない質感が気に入っています。

ワンボタンでスクロールボタンもありませんが、シンプルで手にとても馴染みました。
その後のマウスの選定には、この使い慣れたPro Mouseの形状と大きさがスタンダードとなりました。

もう使うことのないMacOS8シリーズ(1,997~1,999年)です。

プラチナアピアランス、Finderのマルチスレッド化、コンテキストメニューの採用など使い勝手が向上しました。

アップルのコマンドキーの記号は、プロペラヘッド(頭の回転が速いの意)とも呼ばれているそうです。

Apple社が買収したNeXT社のOPENSTEPの技術をベースに開発されたのがMacOS Xです。
洗練されたデザインと直感的操作が可能なGUI(Graphical User Interface)は、Finderを触っているだけでも楽しかった記憶があります。

ところで、GUIのコンピューターを最初に作ったのはスティーブ・ジョブス(Apple社)だとてっきり思っていたのですが間違いでした。
GUIを開発したのはゼロックスのパロアルト研究所で、1,973年に“Alto”というデモ機を見て衝撃を受けたスティーブ・ジョブスは、開発中のLisaに同じ機能をもたせることにしたそうです。これがPC(Personal computer)では初めてのGUI搭載でした。

最後になりますが、私なりの選曲でスティーブ・ジョブスの偉業をたたえたいと思います。
“World in Union”というラグビーワールドカップのテーマ曲ですが、ホルストの組曲『惑星』第4曲“木星(Jupiter)”のメロディと歌詞がマッチングしていてとても素晴らしいです。

インビクタスという映画を思いおこしますが、歌詞の翻訳が“事務員さんのマイページ”に掲載されていますので是非ご覧になってください。

World in Union_Various Artists

…..think different…..Thank you, Jobs.

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2011.09.10

    銀が効く…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2011年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitter


ページ上部へ戻る