起動不能は突然に/備えあれば憂いなし

それは突然やってきました。。。

会社から帰ってきていつものようにPC(MacPro2008)の電源を入れました。立ち上がった画面を見ると、いつものWindows7と違います。

実は、BootCampでWindows7のマルチブートを設定しています。それぞれを“ぶーと①”、“ぶーと②”としましょう。通常は“ぶーと①”が立ち上がるのですが、画面は“ぶーと②”だったのです。

「誰か設定を変えたか・・・!?」。。。そんなことは有り得ない。PC起動時はパスワードを設定してありますし、それより昨夜PCを終了してから今まで誰も触っていないはず(長男はまだ帰っていないし)。

「とりあえずBootCampコントロールパネルで“ぶーと①”に設定し直して再起動しよう」と前向きに…「無い! ない! ナイ!?」。。。無いのです。“ぶーと①”がいつものところに無いのです!(本来は下の青い枠のところにあります)

スタートメニューのコンピューターのところにも出てきません。認識されていないということなんです、愛しの“ぶーと①”が。。。

パニクりそうになるのを必死に抑えながら考えました。念のためもう一度調べました。コントロールパネルの管理ツールの“ハードディスク パーティションの作成とフォーマット”、次にデバイスマネージャーの“ディスクドライブ”。。。撃沈しました。

認めたくない…現実逃避したい…しばらく呆然としていました。“ぶーと①”も“ぶーと②”も独立したハードディスクで、メインは“ぶーと①”でした。

幽体離脱した魂を呼び戻して考えました。「バックアップだ、バックアップ。。。バックアップしてたっけ?」。自問自答しながら冷静に記憶を辿りました。

してました。全てではありませんが。vistaからwin7にアップグレードしたときに、念のため“Windows転送ツール”を使って、150GBの古い外付けハードディスクに何かをバックアップしました。“電子メール“と“ダウンロード”、最低これらさえバックアップしてあれば救われます。“ダウンロード”にはオンラインで購入したソフト類が入っていて、電子メールには“プロダクトキー”などを保管していたからです。

結論から言うと、“電子メール“と“ダウンロード”も転送してあったことがわかりました。無事でよかった“ぶーと②”を起動して、外付けハードディスクをつないで確認しました。

ひとまず絶望の淵から這い上がれました。「とりあえず寝よう。明日は帰りにハードディスクを買って帰ろう。。。」。時計の針は未明の4時を指していました。

翌日買って来ました。日立製のハードディスク“DECKSTAR”1TB,7200rpm,32MBキャッシュ 税込7,970円。それと 外付け用ハードディスクケース税込2,470円。しめて10,440円なり~。。。痛い出費です。

なぜ外付けケースなのか?。。。まだあきらめきれていなかったのです、“ぶーと①”の往生を。でもよく考えれば、外付けUSB接続したからといって認識する訳ありませんね。それでも未練が残ります。中にはデジカメのデータが取り残されています。「助けてくれ~」という声が私には聞こえてくるんです。。。

そんな訳で、それから てんやわんや で新生“ぶーと①”を創りなおしました。
Windows7は、“ぶーと②”の環境下で“DECKSTAR”に新規インストールしました。アップグレード版のWin7でしたが、まっさらの増設ハードディスクに直接新規インストールできるんですね。

さて皆さん、このやり方で創った新生“ぶーと①”は、BootCampとしては認識しませんので要注意です。上の“BootCampコントロールパネル”の画像と同じです。“BootCampコントロールパネル”には起動ディスクの選択肢として現れません。

Windows7を立ち上げた状態で創ったディスクだからです。BootCampソフトウェア(バージョン3.2)を入れても状況は変わりません。BootCampソフトウェアは、あくまでもデバイス類やチップセット用のドライバなどです。

“BootCampコントロールパネル”で起動ディスクとして認識させたいのであれば、MacOSを立ち上げて“Boot Campアシスタント”を使ってWindowsOSをインストールしなければなりません。

“BootCampコントロールパネル”で認識しないディスクを、どうやって起動ディスク(起動オペレーティングシステム)に指定するか。。。いたって簡単です。起動ディスクが複数ある場合(マルチブートの場合)は、PC電源投入後しばらくすると“windowsブートマネージャー”が立ち上がるので、そこで切り替えることができます(下の画像参照)。詳しくは“MB-Support(パソコン初心者のサポートページ)”さんを見ていただければわかり易いかと思います。

最後になりますが、「“windows転送ツール”を使って電子メールだけを復活させたい」場合にどうすればよいか?私も疑問を解消するためにネット上で検索しましたが、同じ悩みをもたれている方が過去にいらっしゃったようです。

“windows転送ツール”でデータを復活させる時には、下のような選択場面がでてきます。しかし、これらの項目の中、詳細設定の中も含めて“電子メール”の項目はどこにもありません。アドレス帳の項目はあるのに。。。

消去法で調べた結果、“Windows設定”の中に格納されているようです。したがって電子メールを復活させたいときは、ここにチェックを入れます。コントロールパネルなどの設定も復活してしまいますが。

買ってしまった外付けハードディスク用ケースには、バックアップ専用のハードディスクを新調して入れるつもりです。備えあれば憂いなし。。。万一このハードディスクが同時に逝ったらどうしようか。。。バックアップ用のバックアップ用のバックアップ用の・・・・・・・・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Twitter


ページ上部へ戻る