苦いブレンド/香ばしい本格派

ペーパードリップ用の珈琲…また新たな専門店から購入しました。

いろいろなお店のブレンド珈琲を味わい、運命の出会いを探し求めています。
東洋ベンディング(株)の自動販売機でキリマンジャロ珈琲の美味しさに衝撃を受け、それから珈琲という嗜好品に目覚めてしまいました。

“酸味系”から始まってブランド豆系をあさり、何かが物足りなくて“コク, 甘味系”を嗜み、そしていま“苦味系”に運命の出会いを期待して注文しました。

そう、コーヒー焙煎士 土居博司氏が焙煎する珈琲豆です。珈琲問屋加藤珈琲店、スーパーで販売されているメーカーものなどをランダムに味わってきましたが、今回はこのブレンドです。

試行錯誤で創られた専門店のオリジナルブレンドにこそ逸品有り…そんな思いで待ち焦がれた“苦いブレンド フレンチミックス”が届きました。

焙煎度合いは、商品名のとおり“フレンチロースト”です。酸味が好きな人が好む浅煎りの“ミディアムロースト”から順に“ハイロースト”“シティロースト”“フルシティロースト”、そして深煎りの“フレンチロースト”“イタリアンロースト”まで焙煎度合いがありますが、“フレンチロースト”を味わうのは今回が初めてです。よく煎ってあるので挽いた豆の色も濃いです。

コーヒー本来の深い香りと苦味というのは、このような珈琲をいうのでしょうか。

味わいの目安には、苦味と香りにしか傾向が示されていませんが、苦いといってもすっきりとしていてとても飲みやすい苦味です。深煎りならではの香ばしさが何ともいえません。

どうやら私の嗜好は苦味傾向に落ち着きそうです。加藤珈琲店の“しゃちブレンド”そして土居博司氏の“苦いブレンド フレンチミックス”、また次なる逸品を探すのが楽しみです。

新興国の需要拡大と先物取引の影響、天候不順による収穫減…コーヒー豆が値上がりしています。
本当に困ります。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, Leica, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Twitter


ページ上部へ戻る