お次はBlendyで/コクにが系

会社用の自前インスタントコーヒーを、今回はAGF(味の素ゼネラルフーヅ株式会社)ブランドにしてみました。

これまではネスレブランドの“香味焙煎(深煎り)”“ゴールドブレンド”そして“プレジデント”と、順に味わってきました。

私自身の味わいの嗜好も徐々に変わってきていて、家で淹れるペーパードリップでは、酸味傾向から甘味、コクの傾向へ、最近では無性に苦味系を試してみたくなっていたところでした。
そして、会社で常備のインスタントがちょうどタイミングよくきれたので、スーパーで物色していて目に留まったのがこの“大人のほろにが焙煎”なのです。

これは詰め替え用ですが、プレジデントの容器に入れて保管します。銘柄を変える都度ガラス容器がゴミになってしまうので。

“ほろにが”といういうだけあって、当たり前ですが苦み系が強いです。これまで飲んでいたプレジデントが、バランスのとれていたコーヒーであることがよくわかります。プレジデントとは価格帯がそもそも違いますので、味わいの比較はナンセンスですね。

包装紙のとおりカフェオレがよく合うかもしれません。私はブラックなので、朝の出勤時は普通に、日中は薄めに、眠たいときには濃い目に、というような加減分けで楽しもうかなと思っています。

ちなみにAGFのインスタントコーヒーの基本的な製法は、Blendyシリーズがスプレードライ、MAXIMがフリーズドライのようです。製法の違いが短編動画で紹介されていますので、興味のある方はご覧になってください。

Blendyの場合は、スプレードライの後工程に一工夫が見受けられます。

抽出したコーヒー液を霧状にして、熱風で水分を短時間で蒸発させる製法が“スプレードライ”です。
Blendyは、その噴霧乾燥後のコーヒーパウダーの中の空気をくだいて抜き、そのあとパウダーどうしをくっつけて顆粒状に仕上げているそうです。

空気が抜けているから水(湯)に沈みやすい、だから溶けやすいという訳ですね。上の写真のように、スプレードライにしては粉状ではなく顆粒状になっているので、疑問に思っていたところです。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2010.11.02

    天然水/珈琲

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Twitter


ページ上部へ戻る