エクセレントなビジネスホテル

出張とは言っても、いや出張だからこそ、夜はゆっくりと疲れを癒したいものです。シティ・ビジネス系ホテルは全国津々浦々に存在しますが、立地環境、部屋の仕様、アメニティ調度、食事のレパートリー、そして価格、とさまざまな条件から好みのホテルを選択します。

私の場合、一介のサラリーマンなので第一条件は価格です。上限は素泊まり7,500円/泊まで。これ以下のところで、できるだけ立地環境が良くラグジュアリーなホテルを探します。7,500円まで出せばそこそこのビジネス系ならほとんど選択肢の対象になりますが、あくまでも上限です。7,000円以下、6,000円以下で済めばそれにこしたことはありません。

初めての訪問地でホテルを選ぶ際には、その評価を調べます。例えば、楽天トラベルの“総合評価の点数”や“クチコミ・お客さまの声”のような評価です。特に“クチコミ・お客さまの声”の“苦情”には必ず目を通すようにしています。

そんななかで岐阜に出張の際の私の定番ホテルがあります。そのホテルは、現在全国26の所在に立地しています。だたし、定番といっても26箇所全てではありません。全国統一価格ではないからです。地域により価格がまちまちですが、プライス競合エリアに立地している場合には、とてもコストパフォーマンスが高いのです。ちなみに楽天トラベルの総合評価は本日現在4.38でした。

写真の部屋は見ての通りツインですが、予約したシングルからサービスでグレードアップしてもらえました。おそらく空きが十分にあったということと常連だということが理由だと思います。この日はシングル素泊まり6,800円/泊に、貯まっていた50ポイントを充当しました。1,800円の支払いでツインに泊まったことになり、ちょっと得した気分です。曜日によっては5,800円/泊もあるので、その曜日とご当地への出張が重なれば言うこと無しです。。。

最近の新規オープンやリニューアルホテルの場合、部屋の天井に照明がしっかりと備えられていて部屋が明るいという傾向があります。このホテルも当初からそうなんですが、これは本当に良いことです。天井にシーリングライトが無いホテルに泊まると、今となっては大変な違和感を感じます。それだけ照度というスペックは、人にとって感受性の高い環境因子なんですね。

↑液晶TVは、最近では特に目新しさも無くなってきていますが、開業当初から他のホテルに先駆けて液晶TV(亀山モデル)を取り入れていました。TVの大きさは20inchです。

ユニットバス全体の広さは、一般的なビジネスホテルの中でも大きめに入ると思います。古いホテルだと浴槽が小さい場合もあり、しゃがむとそれだけで身動き取れなくなるのですが、このホテルの浴槽サイズはゆったりとしていて窮屈感がありません。

ツインなので二人分のアメニティが用意されています。でも、一人分しか使いませんよ。ゴミはできるだけ出さない方が良いですから。耳かきは使わなくても持って帰ることがあります ¬(´ー`)√。。。

私にとってシャワーは大事な要素なんです。どれだけ気持ちよく浴びれるかがポイントです。このシャワーの良し悪しがリピートを左右するといっても過言ではありません。ポイントの評価項目は大きく3点です。
一つ目は温度調節のし易さです。サーモスタットシャワー水栓であれば申し分ありません。
二つ目はカランに止水が付いているかどうかです。サーモスタットであればこのホテルのように、シャワー、止水、蛇口のカランが普通です。問題はサーモスタット水栓ではなく、湯量と水量をそれぞれ独立で混合調整するタイプの水栓の場合、(一時)止水機能が無いと都度調整をしなければならず、これが結構面倒なんです。一度適温調整すると出しっ放しにする人が多いかもしれませんね。
三つ目はシャワーの水量です。蛇口からはたっぷりとした量が出るにも関わらず、シャワーに切り替えると極端に水量が減ることが往々にしてあります。ホテル側が節水のために敢えて採っている仕様だと私は思います。それから、シャワーの水の線が極端に細くなるシャワーヘッドを採用している場合。。。これはシャワーの勢いを強くすると突き刺さるように肌に痛みを感じます。つまり痛みでもって節水をさせる非道な手段です。このようなホテルには二度と行きません。
その点、このホテルはシャワーの湯量も線径もまったく問題ありません。価格も手ごろだし、リピートする最大の理由は実はここにあったりして。。。

温水洗浄便座は生活必需品の一つとなってしまいました。備えがなかったホテルも、第一優先でリニューアルした設備でしょう。激安のホテルを除き、最近では無いホテルの方がめずらしくなっています。私にとっては有って当然の備えです。細かい話ですが、狭いユニットバスルームだと便器と壁側が密接していて、まともに便座に座れないホテルもありました。

プラズマクラスター(シャープの登録商標)の空気清浄機も備えられています。あと写真に残していませんが、消臭スプレーとズボンプレッサーも部屋に常備されています。一夜もしくは二夜?の寝泊りからすれば、十分すぎる環境が整っているのではないでしょうか。あくまでも男の目線からになりますけど。しかしながら冒頭のクチコミ評価では、何点か意見もあるようです。浴室が消毒液臭かったとか、ドライヤーの取っ手が劣化して汚れていたとか、朝食のバイキングの補充が無かったとか。。。どれも宿泊客にとっては不快なことですね。ホテル側はしっかりと改善してください。たかがホテル、されどホテル、私にとっては出張時の一夜を気持ちよく過ごすためのお宿です。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitter


ページ上部へ戻る