ひき潮/夢供養

アルバム“夢供養”、とりわけラストの“ひき潮”は名曲です。

“夢供養”は、帰去来、風見鶏、私花集に次ぐ4作目です。当時はクラシック以外にも、洋楽、邦楽問わずロック、ポップスなどなんでも聴いていて、中でもしばらくアルバムを買い続けていたミュージシャンの一人が“さだまさし”でした。

音楽ジャンルに捉われない曲調と、詩的なほどに叙情性豊かな歌詞に惚れ込んでいました。
老若男女問わず幅広い年齢層にファンがいるのも、彼の創作曲の芸術性によるものだと思います。
ちょうど“風のおもかげ”というLPまで棚に残っているので、そこまで買っていたのでしょう。

これらのアルバムの中で、特に印象に残っているのが“夢供養”です。
いま聴きなおしてみると10曲すべて(唐八景除く)いい曲ですね。

“パンプキン・パイとシナモン・ティー”…
岡村孝子のユニット“あみん”は、この曲に出てくるコーヒー・ベーカリー“安眠(あみん)”から採っているそうな。

“まほろば”…
春日大社の境内にある万葉植物、それぞれの植物にまつわる歌を歌詞に取り入れ、春日大社から新薬師寺に向かう“馬酔木”の森を自ら訪ね歩いて完成させた曲だそうです。
素晴らしい名曲です。

“療養所(サナトリウム)”、“木根川橋”…取り上げていくと切りがありません。。。

そして私自身の中でベストなのが“ひき潮”です。
郷里という偉大な心のよりどころ…
人は帰るために旅を続け、良きも悪しきもすべてを受けとめてくれる郷里を詠った曲です。

ひき潮はやがて満ちてくることの証であり、新たな門出を示唆しています。
オーケストラによるエンディングでは、望郷への念いが最高潮に達します。
いい曲だなぁ。。。

ひき潮_夢供養より


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2013.06.11

    MAY…
  2. 2013.05.08

    TOMOちゃん…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る