BWV.988 / グールド

1955年のレコードデビューとなったモノラル録音盤、それから26年後48歳のときの録音であり、天才の突然の死の直後に発表された、天からの恵みのような1枚です。

10指が別々の生命体のように鍵盤を奏するテクニックと大胆な解釈で表現するピアニスト、それがグールドに対する印象です。イタリアの神経科医の言葉に”天才と狂気”がありますが、思想家の一面を示すその偏執なまでの彼の哲学に、なにか相通じるところがあるようにも思います。

それだけに、斬新なピアノ演奏にのめり込む以上に、孤高のピアニスト“グールド”の人間像に惹かれてしまう人も多く、彼が希代の芸術家たる所以なのでしょう。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2010.11.10

    HIMEKAMI/姫神
  2. 2013.05.08

    TOMOちゃん…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitter


ページ上部へ戻る