珈琲と天然水

山の湧き水で淹れたコーヒーの味は格別・・・という発言を以前Twitterで見かけたことがあります。

コーヒーにはいつも水道水を使っていたのですが、たまには水道水以外の水を使ってみようと思って買ってきました。会社帰りのコンビニにあった「いろはす」です。特に銘柄を意識しておらず、陳列してあって目に入ったものを購入してきました。

さて、これで淹れたコーヒーなんですが、美味いんです。水道水で淹れたときとはまったく違い、コク、苦味、酸味がはっきりと味わえました。このコーヒーはこんな味だったのか・・・という私にとっては劇的な体験でした。写真は、加藤珈琲店から通信販売で購入した“お得なセット”詰め合わせの一つで、これまで「なんだ、さほど美味しいというほどでもない」と感じていたものが、「それなりに美味しい」のです。

いろいろ調べてみると、残留塩素、pH、硬度などが味に影響するそうです。この「いろはす」のあと、今度は「キリン アルカリイオン水2リットル 」を試してみたのですが、これは私にとっては×でした。この2リットルボトルは、原水が富士山の伏流水で硬度59、pH8.8~9.4、電気分解で整水、というのが特徴ですが、硬度が合わなかったのか、電気分解という後工程がマイナス要因だったのかはわかりません。健康的にはすごく良い水なんでしょうけど、コーヒーの旨みが消えてしまいました。

比較の意味で「いろはす」を調べてみると、全国6箇所の天然水で硬度29.1~43 pH6.7~8.0をブレンドして使っているようでした。

私にとってコーヒーに適した水というのは、硬度は低めの天然水というのがよさそうです。まだまだ試した水の種類も少なく早計かもしれません。市販の天然水には加熱、非加熱もあるようです。「いろはす」にしばられず、いろいろ試してみたいと思います。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2010.11.02

    天然水/珈琲

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2010年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Twitter


ページ上部へ戻る