復活 / 交響曲の醍醐味

Gustav Mahler(グスタフ・マーラー)を得意とするZubin Mehta(ズービン・メータ)をどうしても聴きたくなって買ってしまいました。交響曲第2番“復活”と第5番が収録されており、どうせ買うならとSHM-CDにしました。

第2番は1,994年メータ58歳のときの録音でイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団と、第5番は1,989年53歳のときの録音でニューヨーク・フィルハーモニックとの録音です。メータはインド出身の指揮者で、現在74歳になります。

日付が変わってしまったので昨日の話になりますが、まず第2番を鑑賞しました。それにしても第5楽章は何度聴いても壮大です。思わずスペクタル巨編のクライマックスを瞑想してしまいました。

第5楽章の合唱は、歌詞を見る限り鎮魂歌ではなく、“肉体が滅びようとも、魂は死せず”がテーマの葬礼歌なんですね。マーラー自身に輪廻転生の思想があったとされる説もあります。

「そのかちえた翼をひろげて・・・わたしは舞いあがろう。よみがえるために、私は死ぬのだ!よみがえるだろう、わが心よ、ただちにお前はよみがえるだろう!お前の心の鼓動は、神のもとにお前を運んで行くのだろう!」

歌詞そのものの力強さやその曲調とは印象が異なりますが、かの有名な“千の風になって”と相通じるものを感じます。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2010年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter


ページ上部へ戻る