戦火の勇気 Courage Under Fire

今日紹介するのは、1996年公開 Denzel Washington(デンゼル・ワシントン)主演の、戦争の真理を問うシリアスな映画です。湾岸戦争を背景にしており、随所に戦闘シーンが織り交ぜられていますが、いわゆる戦争もののアクション映画ではありません。

戦争という極限状況下では、時として人は過ちを犯す場合があります。しかしながら、結果良ければ全て良しという悲劇の隠ぺいを強要され、自己との葛藤に苦しむ将校の心理を、デンゼル・ワシントンが見事に演じています。

部下を自身の誤爆指示で失い、上層部の圧力により真実を公表できずに苦悩するナット・サーリング中佐。一方、戦死した名誉勲章候補者の女性将校(メグ・ライアン)を調査の結果、勲章授与の推薦に偽りは無いものの、その戦死理由に悲劇が隠されていたことが判明。元軍人の報道関係者の助けを得て、真実の公表に動き出します。亡くした部下の両親に告白するエンディングは涙なくしては観れません。

シリアスな映画ほど、役者の力量が試されます。彼がアカデミー主演男優賞を受賞した作品ではありませんが、この映画では素晴らしい演技を披露してくれてます。それにしても、デンゼル・ワシントンは軍服がよく似合いますね。


この記事をシェアする

RiKKiE

SENNHEISER, Acoustic Revive, Accuphase, α7Ⅱ, Zeiss, FILA, 写真, 音楽, オーディオ, テニス, ピアノ, PC Game, 紬の郷 結城市在住です m(._.)m

関連記事

  1. 2010.07.20

    ウルトラマン
  2. 2015.05.23

    Star Wars…

コメントをお待ちしております

Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2010年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Twitter


ページ上部へ戻る