フランス菓子「アルチザン パティシエ イタバシ」…

至福のひと時。
ケーキを食べるときに一入感じてしまいます。
スイーツ系デザートを口にすることはたまにありますが、ホールケーキは記念日という特別なイベントでしか登場しないので、その興奮は最高潮に達するわけです。フフフ…

アルチザン パティシエ イタバシ」のアントルメ(ショートケーキ角7号)。
家から車で5分のロケーションに、アルチザン板橋恒久氏が創作するフランス菓子のお店があります。
大宮、宇都宮方面など遠路1時間以上かけて訪れる人が後を絶ちません。

今年の2月にはショートケーキの丸型を初めて頼みました。
そこで今回はチョコレート系の「Carré de chocolat(カレ・ド・ショコラ)」にしようと密かに狙っていたのですが、イベントの主役と大蔵大臣が生クリーム系を主張しました。
したがって同じショートケーキですが角型になりました。

ほんとに美味しいケーキです。
口いっぱいに広がる上質な生クリームの風味と、口の中でとろけるようにクリームと混ざり合うスポンジの食感が絶妙過ぎて、思わず“幸せ”を感じてしまいました。

12月は自分の誕生月なので、いよいよ「Carré de chocolat」にしてみようかと( ̄ー ̄)v
ちなみに僕の誕生日ケーキはクリスマスと重複してしまうので、大蔵大臣に毎年スルーされています(ノ_・。)

 


結い市 2017…

結い市は、今年で8回目を迎えました。
いつもの見慣れた街が、素敵な空間に生まれ変わった特別な2日間(10月8日,9日)。

久方ぶりに訪れた結い市は、カフェ、レストラン、創作雑貨販売などが、境内の拡張された特設会場、見世蔵、そして古民家で催されていて、ノスタルジーとモダンが融合したお洒落な空間を創出していました。
年月を重ねるにつれ、より洗練れて進化しているように思いました。

会場近辺は交通が規制されていたので、古い家々とそこでの催し物を、ゆっくり観賞することができました。
大道芸やチンドンによる路上パフォーマンス、酒蔵と境内でのライブなど、ほんとに盛りだくさんの催事で、多くの来場客で賑わっていました。

着物姿の人もちらほら見かけ、街の古き佇まいの良いところをあらためて感じることができた一日でした。
(ほんの一部ですが写真を撮ってきました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


秋の兆し…

今日はまるで秋を感じさせるような天気でした。
空は宇宙が空けるような色合いで、グラデーションが綺麗でした。

午前10時頃買い物に出かけたのですが、外の気温は18℃。
いつもなら半袖、短パン、サンダル姿が、長袖、長ズボン、スニーカーという格好でした。

涼しくて、日が照るとポカポカの陽気。
気持ちいいですねぇ。

もう残暑なんて要らないですから、このまま少~しずつ秋に移り変わっていってほしいなぁ…


Welcome_おいでやす!

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、映画を観たり。。。
(写真等の無断転載・配布などの行為はご遠慮ください)

Archive_過去記事

Calender

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る